施設一覧

柏高島屋ステーションモール

店舗概要

所在地
千葉県柏末広町1-1
開業
1992年4月
店舗面積
50,500m²
店舗構成
柏高島屋と185の専門店
駐車台数
1,500台

JR常磐線と東武野田線(東武アーバンパークライン)が乗り入れる柏駅は、一日38万人が乗降するターミナル。都心まで約30分の距離にある柏は、都会と郊外の魅力を兼ね備えた都市のエッジ“ペリフェリー”に位置しています。つくばエクスプレスの開通により、周辺地域の宅地開発も活発化、商圏は茨城南部にまで大きく広がりました。2015(平成27)年3月には、JR常盤線「上野東京ライン」が開業。近隣6市(柏市・松戸市・流山市・野田市・我孫子市・取手市)を中心に約100万人の商圏人口を有するこのエリアは、1人あたりの所得水準も全国平均を上回り、恵まれたマーケットと言えます。

その柏駅のシンボルとして愛されている柏高島屋ステーションモールは、年間来店客数2,500万人と圧倒的な集客を誇り、従来の「駅ビル」の概念を超えた本格的なSCとして高い評価を得ています。

柏高島屋ステーションモールは、2017(平成29)年に開業25周年を迎えます。これからもお客様の価値観や、ニーズの変化にいち早く対応するだけでなく、新しい生活文化の提案やファッション・カルチャーなどのトレンド情報を発信し続け、地域と共に更なる発展を目指します。

柏高島屋ステーションモール概要
PDF(1.08MB)PDF

PDFファイルをご覧いただくには、
Adobe Readerが必要です。

柏高島屋ステーションモールのサイト

柏高島屋ステーションモール

page top

Copyright © Toshin Development Co., Ltd. All Rights Reserved.