施設一覧

流山おおたかの森S・C

店舗概要

所在地
千葉県流山市西初石6-185-2
開業
2007年3月
店舗面積
41,210m²
店舗構成
138の専門店
駐車台数
約1,900台

つくばエクスプレスの中間に位置する「流山おおたかの森」駅。駅の背後には、オオタカの生息する森が広がっています。

東神開発は“森の再生、緑のまちづくり”を目指す行政ビジョンに賛同し、2007年(平成19年)の春に新しい郊外型SC「流山おおたかの森S・C」が誕生しました。

高島屋の新業態である「タカシマヤフードメゾン」と食品スーパー、11スクリーンのシネマコンプレックス、千葉県北西部最大規模の大型書店、フィットネスクラブ、生活雑貨専門店、アミューズメント施設を核にファッション、雑貨、ホビ-、エンターテインメント、市民サービス窓口、郵便局までそろった充実のラインナップで豊かな日常を提案します。広場に樹木を9本、さらに17mもあるシンボルツリーも植樹しましたが、これは森の街づくりの第一歩。
2013(平成25)年春に、近隣地域の利便性を高める「医療機関」「教育」「美容」店舗を備えた「NAGAREYAMA おおたかの森 GARDENS ハナミズキテラス」の開業を皮切りに、2014(平成26)年春には、顧客ニーズの高い専門店を揃えた新館「ANNEX」を開業。2015(平成27)年春には「保育所」「学童保育」「学習塾」「金融機関」など、子育て世代に向けた施設を集積した「NAGAREYAMA おおたかの森 GARDENS こもれびテラス」を開業し、SCをコアとする地域に根ざした街づくりを更に進化させていきます。

流山おおたかの森S・Cのサイト

流山おおたかの森S・C

page top

Copyright © Toshin Development Co., Ltd. All Rights Reserved.