Message メッセージ

未来を想像し、
挑戦し続ける企業へ。

経営管理本部 本部長 鈴木 康之

国内におけるブランド力強化とアジア各国への積極展開。
この実現には、チャレンジ精神を持つ人材が不可欠です。

今から約50年前、畑と野原が広がるエリアに、我が国初の本格的な郊外型ショッピングセンターとしてオープンした「玉川高島屋S・C」は、国内で他に例を見ないほどの成功を収めるSCとして名前を轟かせています。近年では、第2の二子玉川を創るべく開発が進む「流山おおたかの森S・C」においても、地域共生という理念を実践し、更なる発展を遂げるための計画が進んでいます。一方、世界に目を向けると、当社が進出しているシンガポール・ベトナムを含むASEAN地域では、多くの国が日本の高度経済成長を彷彿とさせる成長を遂げています。

日本企業が今後も成長を続けるためには、それらの国々に積極的に進出し、グローバル企業となることが必須だと考えています。東神開発は約20年前にシンガポールに拠点を展開し、シンガポール高島屋S.C.を開発しました。このSCは、今ではシンガポールを代表する商業施設として、東南アジアや西欧で広く認知されるほどの成長を遂げています。シンガポールで収めた成功の実績とそのノウハウは、当社のグローバル展開を大きく後押しする存在です。

高島屋グループとしてのブランド力、地域特性に合わせた独自の開発手法、ASEAN地域への新規出店と、三位一体となった成長戦略を確実に遂行していくことが、次なる50年へと歩みを進めるために必要不可欠です。そのためにも、組織に依存せず、失敗を恐れず、何事にも果敢に挑んでいく若い力が、これからの当社には必要だと考えています。

私たちとともに、未来を想像し、
挑戦を続けることができる多くの方と出会えることを期待しています。

マイナビでエントリー受付中