環境・社会貢献活動

もっと環境にやさしいS・Cへ

21世紀の企業は、市民としての環境保全に向けた意識を持ち、次世代へと引継ぐ使命があります。廃棄物の削減、資源リサイクル、省エネルギーシステムの構築と推進など、環境活動に積極的に取り組んでいます。

ワークライフバランスの実現に向けて

従業員一人ひとりが仕事や家庭生活を通じて、豊かな人生を築いていけるように。働き方に関する多様な価値観を尊重し、自主性と創造性を発揮できる働きやすい職場風土づくりに取り組んでいます。

育児・介護を支援する

ワークライフバランスの実現には、「仕事と家庭の両立支援」が必要不可欠になります。特に育児との両立については、制度の充実と同時に、男性も参加しやすい環境整備に取り組んでいます。

東神開発は「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を策定し、目標達成に向け職場支援に取り組んでいます。

両立支援制度について

育児休職(休業)制度
社員は子が2歳に達するまで、有期雇用社員は子が1歳6ヶ月に達するまで取得できます。取得期間が14日以内であればその期間を有給、勤続年数を加算する「短期育児休職」制度を追加いたしました。
育児勤務制度
社員・有期雇用社員とも子が小学校4年に達するまで取得できます。
スクールイベント休暇
子の学校行事(運動会・授業参観等)への参加を促す休暇です。
介護制度
家族の介護を必要とする社員・有期雇用社員が、仕事を続けられるよう、勤務時間を変更して働くことのできる介護勤務制度や、介護のための休職制度を設けています。
再雇用制度
結婚や出産、育児、介護などで退職した社員に対し、勤務していた期間の経験を生かして再び働くことができる制度です。

男性の育児参加について

日本では古くから「仕事は男性、家庭は女性」といった役割分担や、長い時間働くことを評価する時代が続きましたが、女性の社会進出、共働き家庭の増加等、社会環境が大きく変化してきています。育児は女性だけが行うものではありません。男性の家庭参加は、男性自身の仕事の生産性の向上や、企業における更なる女性活躍につながることから、男性が育児参加しやすい環境を整備しています。

盲導犬普及サポート活動

玉川高島屋S・Cでは、ハウスカード「盲導犬育成サポートカード」を発行しご利用金額の一部を(財)日本盲導犬協会に寄付しています。

また、玉川高島屋S・C、柏高島屋ステーションモールでは、年2回チャリティイベントも開催し、盲導犬の誕生と育成に貢献しています。

page top

Copyright © Toshin Development Co., Ltd. All Rights Reserved.